社会人 副業 バイト

副業で4万円稼ぐ為の教材プレゼント

無料ブログを使って、
簡単な作業で稼ぐ事ができる動画マニュアルです。

副業 4万円と言わず、毎日数十分程度の作業で
継続的に5万、10万、15万と稼いでいる方が続出した、特別教材。

150名限定プレゼントですが、
間もなく150名様に達しますので、予告無く終了します。

無料ブログマニュアル






社会人の副業(バイト)は、会社にばれない方が良い

社会人が副業でバイトをする際、会社にはできるだけばれない方が良いです。

 

 

そもそも会社が副業禁止をし、メインの今の仕事だけに専業させようとするのはどうなのか?と思います。

 

 

何故なら、副業を禁止してる会社が青天井で頑張った分だけ給料を上げてくれるのか?と言われると、会社というものは絶対に社長よりも給料を多く貰えない様になっていますし、会社が副業禁止というならば、会社が倒産した後も、定年退職した後も面倒を見てくれるのか?と考えると答えはNOなんです。

 

 

なのにそこまで会社で正社員として働いてるからといって個人を縛る権利は無いと思います。

 

 

ただ会社の仕事に仕事の時間は集中して欲しいという思いは分かります。

 

 

ですので、例えばあなたの会社が副業OKだったとしても、副業NGだったとしても、会社ではあまり副業をしてる事をおおっぴらにしない方が良いです。

 

 

こっそりナイショで稼ぐにしても、税金を納めるレベルになれば、それは社会に貢献してる訳ですが、どうしても日本人の気質というか特徴というか、お金を稼ぎ過ぎると足を引っ張って引きずり下ろそうとするところがあります。

 

 

そうするとどうしても、例えばあなたが会社の本業を頑張っていたとしても、ちょっと体調を崩して休んだとか、ちょっと旅行に行ったとか、ちょっと周りから副収入分だけ飛び出した事をすると、アイツ副業で儲かってるから・・・とか必ず、同僚社員の誰かが妬んで、誰かに冗談交じりに話をしたりします。

 

 

そうなって来ると本人からすれば気持ちの良いものではないです。

 

 

なので、社会人の副業(バイト)等も含め、会社にはできるだけ、ばれない方がベストです。

 

 

できればどんなに副業で稼いでも、できるだけナイショにしておく、また稼ぎが多くなっても、その羽振りの良い所を見せないスタンスがベストです。

 

 

また社会人の副業(バイト)が、会社にばれない様にするには、確定申告の際、副業の分は副業で申請し、税金の徴収を会社の給料から天引きする形にしないのがポイントです。

 

 

会社の給料から副業の税金を引かれる様にしてしまうと、会社側がどうしてこんなに税金が引かれるんだろう?と気が付いてしまいます。

 

 

この納税の部分を副業の分は副業の分で、あなたが個別に支払うと、会社に税金の面でばれる事はありません。

クリック1回で、自動で稼ぐツール

クリック1回だけで、Youtube、ツイッター,ブログから、
ザクザクアクセスを集めて来るツール期間限定プレゼントです。

クリック1回で稼ぐ自動ツール